日焼け肌発熱

皆様も夏の季節になりますと、日焼けという言葉をよく耳にすると思います。一般的な知識として、肌が黒くなり後々皮膚が剥けてくる場合と、黒くはならず一時的に赤みが出るが日が経つと自然に落ち着いてくると思っている人が大半かと思います。

その中でも女性の場合は、日焼けをすると「シミ・ソバカス」などができてしまう、増えてしまうなどの基礎知識が高く、成人女性は特に肌のトラブルを気にする人が多く日焼け予防に余念がない気がします。

しかし、一般的には日焼けを安易に考えている人が多いのではないでしょうか。『日焼け』とは実際どのようなものなのか話していきたいと思います。

日焼けとは皮膚が炎症した状態

日焼けとは、一般的に紫外線を浴びることにより皮膚が炎症(赤み)を起こしたり皮膚の色(赤や黒)が変化したりすることをいいます。

日焼けが痛い理由

太陽(日光)に含まれる紫外線によって、皮膚の色素が増加したり火傷状態になることにより痛みを伴います。

火であぶったなど、そこまでの即効性はなくとも大小あれど皮膚が火傷(やけど)している状態と言えます。

日焼けの原因

日焼けによる炎症(赤み)になってしまう人の原因は、紫外線によって血管が広がり、肌の細胞が傷つく為です。

日焼けした全員に発生するわけではなく、主に色が白い人や肌が弱い人に多くみられます。火傷と同じ状態になるため、冷水やタオルで身体を冷やし、しっかり保湿することで炎症を抑えることが大切です。

また炎症(赤み)よりか黒くなってしまう人の原因は、紫外線を浴びることによって肌の表面にあたる角質層というところが光を反射し、体内に取り込まないようにと角質を厚くさせます。しかし角質をも通りこして内部に光が入ってきてしまうこともあります。

メラニンメラノサイト

その光に対し女性は耳にしたことがあると思いますが「メラノサイト(第一三共ヘルスケアより)」という、メラニンを作る親元が反応し、メラニン色素を作りだし紫外線を吸収しようとします。吸収することによって肌の真皮という部分への影響を軽減さようと働いてくれています。

しかし、メラノサイトが働くことによって皮膚のメラニン色素が増え肌の色(黒)に変化してしまうのです。シミを作るメラニンは実は肌を守るために働いてくれているのですが、働くことにより肌は黒くなってしまうのです。

日焼けに伴う発熱や症状

日焼けをすることによって肌以外に発熱を引き起こしてしまう可能性もあります。発熱を引き起こす原因はいくつか考えられます。

一つ目として火傷による皮膚炎症

赤みや腫れに伴う痛みやヒリヒリ感、重症化すると水泡になってしまうこともあります。対策としては上記でも述べましたが冷却・保湿することで炎症を抑えることが大切です。

二つ目として熱中症

熱中症

日焼けが進行し、眩暈・頭痛・吐気・手足の痺れ・震え等の症状が出ることを熱中症といいます。最近は年々増加傾向で問題となっている熱中症ですが、対策として長時間炎天下で過ごさないというのが一番ですが職業柄や事情により困難な場合はミネラルや水分補給、そして休息をしっかり取ることが大切です。

三つ目として免疫力の低下

日焼けにより活性化酸素(体内に入ってきた細菌を駆除する働き)の増加や目から入る紫外線によって脳を刺激し血液の中の疲労武物質を増加させ疲労を感じるようになります。その為、強い日差しを浴び続けることで疲労感に繋がります。

日焼けについて安易に考えている人も多いかとは思いますが、上記で述べてきたように皮膚の変化以外にも身体に危険が及ぶ可能性が高いです。しっかりとした知識をもち、事前の対策や日焼けをしてしまった場合もアフターケアが重要となってきます。

日焼けの時期について

日焼けをする時期は暑い夏だけとお考えの方も多いかと思いますが、実際は夏だけではありません。

紫外線が一番多い時期が5月あたりから7月、特に日照時間が長い時期が7月から9月ごろまで。また6月は梅雨の時期なので日焼けとは無関係だろうと思われがちですが曇り空の場合でも50%~80%紫外線が雲を通り抜けて出ているため注意が必要です。

冬場の寒い時期でも紫外線が出ていることには変わりないですし、肌が乾燥した状態になり敏感になっていることから肌トラブルが起こりやすいといわれています。また、スキー場に行ったら焼けた気がするという話を聞いたことはないでしょうか。

雪が積もっている日は紫外線が反射することで「照り返し(紫外線が雪にぶつかることで反射し肌に突き刺さる現象)」」が起こるため、肌にトラブルが発生しやすい状態です。上記のことから夏だけではなく年中日焼け対策が必要となってくるということを理解して頂けたでしょうか。大きな日焼けによるトラブルを招かぬよう年中気を付けていきましょう。