にきび女性

肌荒れに乾燥と食べ物が関わっている?

「明日デートなのにニキビ出来ちゃった…」

「朝起きたら肌に白いぶつぶつがたくさん出来てた…」

「昨日の夜、油っぽい物食べ過ぎて肌荒れてメイクのノリが悪い…」

人々の頭を悩ます肌荒れ。気がつくと出来ていることが多いですよね。特に、大事な予定のある日に肌荒れになっていると、朝から憂鬱な気持ちになります。

そもそも、肌荒れとは一体どういう肌の状態のことを言うのか、今一度おさらいしてみましょう。私の持っている国語辞典で「肌荒れ(Wikipediaへ)」を引くと「皮膚が荒れてかさかさになること」とありました…いやいや、実際はそんな可愛いもんじゃないから!!
と思った方は結構多いのではないでしょうか。

肌荒れとは辞書に載っているように、簡単に説明が出来ない程、様々な原因があるのです。一般的な肌荒れの症状としては「乾燥したかさかさの肌・ 皮膚のつっぱり」「 毛穴汚れ」「 角栓詰まり」「 ニキビ」「 赤み」「 テカり」などこれらの症状があるだけで、気分がぐっと落ち込みます。

中には「肌荒れなんて気にしない!」という強い気持ちを持った方もいて、その姿勢を見習いたいですが、そんな訳にもいかない状況の方も多いと思います。また、油分をたくさん含んだ食べ物を食べても肌荒れや乾燥に悩まない人もいますが、実際どういったことが原因なのでしょうか。

1.治らない肌荒れ!見直すべき部分はまず乾燥・食べ物

第一の原因「乾燥」

まず、肌荒れが出来るということは肌の乾燥が第一に挙げられる原因です。

肌が乾燥すると皮膚を守る機能が低下し、角質が固くなったり、古くなった角質やほこり等が毛穴に詰まってニキビが出来てしまう等、トラブルが起きやすい状態になってしまいます。

肌荒れが出来たらまずは乾燥していると思い、化粧水をたっぷりコットンに染み込ませ顔にパックするなどして、肌に水分を浸透させていきましょう。その際に、化粧水の良い成分が肌の奥深くまで浸透していっている様子をイメージし、前向きな気持ちで手入れをすることが大切です。

第二の原因「食べ物」

皆さんは、普段チョコレートや油っぽい食事は好きですか?

天ぷらやケーキなんて最高に美味しいですよね。しかし、油分を多量に含んだ食品は要注意です。

特に動物性脂肪が含まれた食品(バター、チョコレート、牛乳など)は摂取しすぎると肌荒れの原因となります。少量くらいなら特に影響はないでしょうが、毎日チョコレートと牛乳を朝と夜摂取している、という方は朝だけ摂る、などすると肌荒れに効きます。

動物性油脂には血液をドロドロにし、動脈硬化に繋がります。また、コレステロール値が高くなります。チョコレートやマヨネーズなど、美味しいですが食べる量を意識的に減らし、逆に野菜とフルーツを摂るように心掛けましょう。小腹が空いた時のおやつにはドライフルーツ(Amazon)がお勧めです。

楽天のドライフルーツはこちら

ドライフルーツには、フルーツの栄養をぎゅっと凝縮し閉じ込められています。また、栄養価が高く長時間保存可能なので持ち運びにも便利です。美肌にはマンゴー、便秘にはバナナ、貧血にはプルーンなど、フルーツによって体に効く強みも異なってくるので、自分の体に必要なフルーツを選ぶと良いです。

2.肌荒れは乾燥と食べ物が主な原因。では洗顔方法の影響は?

肌荒れには乾燥と食べ物が密接に結びついていました。その次に見直す点はズバリ「洗顔」です。以前までの認識では、肌荒れの代表格であるニキビが出来るのは肌が汚れているから、という考えが基本的でした。しかし、実際は違います。

朝と夜の2回石けんを使って洗顔をしてもニキビが出来る人は出来ますし、逆に1日1回の水洗顔だけでも全くニキビが出来ない人もいます。この違いは千差万別で様々な理由がありますが、注目すべき点は主に「自分にあった洗顔方法をしているかいないか」です。

敏感肌」「脂性肌」「混合肌」など、様々なタイプの肌質を人は持っています。皆が皆、同じ肌質なら、無添加石けんかパラベンフリーか大々的に記載して商品を分ける必要もありません。まず、肌荒れを感じたら「ニキビ肌用」とか「肌に優しい」「パラベンフリー」「界面活性剤不使用」といった記載がある“石けん”を用意すると良いです。

なぜ“石けん”なのかというと、液体タイプや泡タイプの洗顔料には洗顔に必要な基本的な成分以外の物も含まれているからです。一方、石けんには肌を洗浄する成分しか主に含まれていないので、こちらをお勧めします。

基本的な洗顔方法

まず、顔をぬるま湯で十分にすすぎます。次に、泡立てネットなどを使ってもこもこの泡を作ります。

そして、肌に指が触れないよう、泡で顔を洗います。大体2分程指先でくるくる円を描くように洗顔すると良いです。最後にすすぎ残しがないように、20~30回は顔をすすぎます。

この時に十分なすすぎと泡で顔を洗うことの2点を特に意識します。これで、基本的な洗顔方法は終了です。石けんを使った洗顔は、朝と夜の1日2回しても良いですが、2回石けん洗顔をすると肌がつっぱるという方は1日1回で良いでしょう。

コーセーの洗顔方法

3.食べ物や洗顔の乾燥対策…ではメイクはどうしたら良いの?

肌荒れしていても、女性はメイクしないといけない場面も多々あります。そういった時のメイクは、とにかく「指先で肌を滑らせる」ことを意識して化粧下地やファンデーションを塗り広げると良いです。

強く触れると壊れる、そんな意識で優しく、優しくメイクをします。今、時短メイクが流行していますが、このメイクはとにかく時間を掛けてメイクをすることです。特に化粧下地とファンデーションなど、肌作りは丁寧にしましょう。そうすると、時短を意識したメイクよりも肌に優しく、気持ちも落ち着いてメイク出来ますので精神的にもお肌の為にも良いこと尽くめです。

肌荒れ、乾燥、食べ物を見直すよりも第一に心身の状態を整えること

肌荒れについて様々な内容を書きましたが、何より自分の心身の健康が一番大切です。乾燥した肌が嫌だ、胃腸の具合が悪い、歯が痛い、上司が怖い、あの人が嫌い、などのストレスも肌荒れの一つの原因です。人間関係も複雑で難しいことですが、まずは心の負担を軽くし、栄養のある食べ物をしっかり食べ、十分な睡眠を取るようにしてから、肌荒れの要因を探って行きましょう。

また、食生活や肌の手入れなど徹底しても治らない、そんな頑固な肌荒れには皮膚科にいくこともお勧めします。そのとき、「内科・耳鼻咽喉科・皮膚科」と色々な方面の治療を行っている病院よりも「皮膚科」だけに特化した病院をお勧めします。親身になって話を聞いてくれるお医者様と出会えることが大切です。

私もにきびに悩んだ時期が本当に長かったので分かるのですが、基本的な早寝早起きですとか生活習慣を守ったり、暴飲暴食をやめて必要量だけにしてみただけでも精神的にも身体的にも安定して肌荒れ改善しニキビがなくなる事が多かったです。こういった記事を通してなにか私の経験が皆様のお役に立てる時があれば幸いです。